Thursday, July 25, 2013

ベクレルフリー

ベクレルフリーってメニューに書いてあったの。

新しい言葉だよね。


大学時代の親友たまきに連れて行ってもらったプランツというレストランでのこと。

















そして再び。

日本に。




タイもバリ島もたくさん写真ある、、、がそれは追って。。。


先月の日本滞在一週間はほぼ旅だったので


今月の滞在は10日間東京近郊でいろんな友達に会う。



毎日会ってるけど、あっという間で時間足りん☆


並行して


あるところに通って治療を受けているので、

日本で手に入れたいもの、訪れたい人々

あるのに、


この体調だと体はあまりたくさんのことができません。


そして子連れ。

Take it easyで

できる範囲で楽しみます。


恋に落ちました。

Bali 島のUbudに。



9年振りに。



9年前に友達になった現地の友人カップル
なお&Dedungに再会。
最高の愛ともてなしを受け。。。
11日間のバリ島ウブドライフは


毎日芸術と健康と美容と素敵な人々に溢れたものになりました。


ウブドで私が出逢った人々、震災のことや原発、放射能の影響、免疫力に関しての意識がかなり高い。
いろいろ語り合いました。
ありがとう。



なお&Dedung夫妻の愛娘はあまらと年が近くて毎日共に遊び、風呂に入った。


彼らは私のウブドのファミリー♡

大好き。

ありがとう!
最高!!!

We love you all so much!!!
Can't wait for next time. It should be soon:))))
Xox









飛んでタイより

日本での濃すぎる一週間まだまだ写真載せきれてない!


しかし


日本の後


タイランド、チェンマイにあるタオガーデンに10日間行ってきて人生に必要だったものをして来ました。

私の体と心のデトックス。



出来た事に運命を感じます。




自分の体を労わるって必要。


当たり前だけど、


忘れがち。



特に丈夫な体を持っていると。。。







いつも家族の健康に気を配ることを


当たり前に優先するもの。



私の身体 頑張ってきたね





労うことで


魂が次の解放に向かって行く。。。。



出産して19ヶ月。



丈夫だと怠るメンテナンス。



実は危ない状態だった私の体?!



今回のリトリートで


いろいろ救われました。












パートナーとの関係も次のフレーズに向かって行く。

















Sunday, July 7, 2013

江の島さん

今回の日本。


着いてまず次の日行ったのは、


江の島神社。



私たちが式を挙げた場所。


毎回帰省の度に御礼参りしています。


今回はなんと娘を連れて!


ということで、あまちゃんin Enoshima Islandに母興奮。


結婚式の下見からお世話になった宮司のほりさきさんがまだ私たちのことを覚えてくださっていて、今回はあまちゃんmeetsほりさきさん も出来て良かった。


参拝後、
いつももらうお神酒などのセットの代わりに御食い初めセットをあまちゃん用に若手の宮司さんが持たせてくれました。日本でやるような御食い初めを私たちは娘にしていなかったので、そんな江の島神社の対応にじんときました。


ずっと納めたかった古いお札たちも
NYからトルコを経由して無事江の島神社に☆


天気が良い紫陽花日和の週末で、

午前中でも大勢の観光客で


鎌倉から江ノ電に乳母車は結構チャレンジ!

そして江の島神社も行きはエスカーがあるけど、帰りは階段なので、乳母車どうするの?!だったけど、、、素敵な男の子が下までずっと乳母車持って降りてくれたのです。そして汗をにじませながら、爽やかな笑顔で去って行きました。


日本に着いてまずここに来て良かった〜。


毎回参拝後は神聖な気持ちになります。
祝詞をあげてもらう時の住所はちなみに、きちんとニューヨークのそれを言ってもらうんですよ☆ あの独特の口調でアメリカの住所を聞くのは結構クセになります?!




あ、桟橋で洞窟行きのボード乗り場を発見。

次くる時は、あの階段を昇り降りせず、鍾乳洞にいける!

クニ君といえば天麩羅

ソフィアホールでパフォーマンス後


イベント自体は更に続きましたが、


パフォーマー組は一足先に会場を後にし


打ち上げご飯しに行きました。



けんじさんのコロラド大学時代からの親友
クニ君も加わり、

天ぷら屋さん 天一へ。


天ぷら久しぶり。。。


メニューにないベジタリアンセットを快くカスタマイズしてくれました。


しかも太鼓の梅ちゃんがここの米美味しい!と絶賛し、漫画のような白飯おかわり連発(6杯?!) にも

満面の笑みで応えこれまた漫画のようなてんこ盛りでサーブしてくれる
店員さん。やるね〜。

2階席で隔離されている場所だったので、子連れでもゆったり落ち着いて食事を楽しめました。


それにしても、
クニ君がけんじさんの親友のくせしてあまらが生まれたことすらハッキリ把握しておらず、一歳半のリトルモンスターを目の前に新鮮に驚いていたのは笑えたなあ。。。
それもなんだかイイぜ。










グランマパワー

ソフィアホールでのイベントでは、朝から夜まで母があまらをみてくれていました。

親が自分の子どもをみてくれる有難さを実感しました。


お母さん

ありがとう!

Performed in Tokyo

自由が丘ソフィアホールにて6/29麻墨フェスタがあり



そこでゲストとして出演。


午前と午後、
二回のイベントで両方始まる前に6メートルの大きな麻墨サークルの中で
舞を奉納しました。



演奏はバイオリン けんじさん

太鼓 梅ちゃん



リハで音の流れと踊りの始まりと終わり、衣装の動き(羽織りを2枚重ねているので)、だいたいの踊りのイメージを決めておいて

あとは、2回とも即興で舞いました。

これが出来るのは、ソロダンスの醍醐味です☆


もちろん2回とも違ったものが出てきてよかったです。


なぜか太鼓の梅ちゃんが2回目が異常に緊張したと言っていた。。。

私はその緊張感のある太鼓に突き動かされ

溢れ出てくる舞が好きでした。


即興と言っても、


今までの自分の舞を重ねてきた経験から

溢れ出てくる動きなのですが、


空間と音と一体になった時に出てくる舞にはミラクルがあります。


それが麻墨サークルの中だったからか、


本当に神聖な体験でした。


写真は主催者の伊香賀夫妻from宮古島☆ と。
素敵な素敵なカップルで一緒にいると常にその二人の醸し出す会話や雰囲気に吸い込まれます。









Miracle trip to Japan

Magical Istanbul 旅の次は



ミラクルな日本の旅でした。



一週間濃厚なスケジュールについて来てくれたけんじさんとあまら。


詰め込み過ぎの日程に、けんじさんからマジな苦情を受けるまで、自分は楽し過ぎて気づきませんでした。
ごめんなさい。。。

娘も一歳半ながら、よくこの母について楽しんでくれました。すごいなあ、子どもって。

慌ただしい娘の帰省に私の両親も初めは喜んでくれたものの、後半は振り回されて大変そうでした。次回気をつけねば。。。
きてうれしい、かえってうれしい。というジョークのお言葉までいただいちゃうくらい嵐のような娘の帰省だったのでした。

ああ、それにしても、2年ぶりの日本!

神秘的な経験。


そして初めての子連れジャパンでカルチャーショック(笑


出逢い。


家族との再会。


ありがとう!